TJAP2fPCで考えてた野望とか

年単位で更新していないTJAP2fPCで、そのうち実装しようかなと思っているやつをメモっておく。
とりあえずぱぱっと書いてみたけど、また思い出したら別の記事に書く予定。

※見た目に関するものは入れていない。(キリがないので…)

追記
12/15 22:10 同時押し音符と全自動やり直しの項で、「太鼓のタスジン」を「太鼓のタシヅン」と表記していたので修正。

どん子音符

名前は即興(太鼓の達人ぽ~たぶる2を見てね!)
その昔Taiko★ManiaⅢというFlashゲームがありまして、それに搭載されていた「碧音符」のパロディ。
ドンとカッのどちらでも押せる音符…だけれど、「次の音符の色が碧以外かつノート間隔が不可の判定域より狭い場合、次の音符の色で叩くと判定巻き込みが発生する」というソフト側の制約が脅威の難易度を生み出している。
例としてBPM200の16分「1122MM1122」(Mは碧)を叩く場合は「1122221122」と叩かないとダメ。

この仕様まで搭載するかどうかで迷って何もやってない。

同時押し音符

太鼓のタスジンのアレ。紫ノーツ。

音符画像差し替え

tja側で音符画像を差し替えるというエキセントリックな機能。
寿司の達人的なことをしたかったけど、画像を用意するのが面倒&機構がかなり面倒なのでボツ。

コースモード

あくまでも段位認定ではない。

風船音符を割った後の虹エフェクト

本当はアルファチャンネルのレイヤーマスクみたいな感じの処理を入れて、なめらかに消えるようにしたい。

FAST/SLOW

全良ゴリラばっかりだから必要無い機能
BEMANI系にある本家の判定文字フォントが謎なので、演奏中、リザルト双方のテクスチャが作れず。
今考えたら隠し要素として入れるのもアリだったのかも。

全自動やり直し

不可を出す、可を出すなどミスに相当する判定が出た時に、自動で曲の頭に戻す機能。
もともとは太鼓のタスジンのアレをイメージしていたけれど、いつの間にやら最近の家庭用版で実装されたらしい…

TJAP2fPCのソースコードをGithubで公開しました。

注意:この記事は2017年5月14日に書かれたものをGoogleキャッシュからサルベージして、一部内容を修正したものです。内容は古くなっている可能性があります。
初出:2017年5月14日「TJAP2fPCのソースコードをGithubで公開しました。」
再公開:2018年10月18日 21:09


これまでソースコードは希望者のみ個別で配布してきましたが、自分でも気まぐれに更新してしまうし、更新したら更新したで再度配布しないといけません。
この状態が厄介なので、もういっそGitで公開しちまおうという決断に至りました。

今回は気軽にforkができるGithubにて公開しました。
kairera0467/TJAP2fPC – Github
fork、pullRequestはご自由にどうぞ。