偏差値40向けTV番組批評を批評する

「これ偏差値40向けテレビ番組リストらしい 民放のゴールデン番組が殆ど載ってて草」というツイートがバズっている。

よく見ればとっくの昔に終わっている「フルタチさん」がある時点で、このツイートはパクツイあるいは昔の雑誌にあやかる低偏差値のすることだというのはわかる。
ただ、まあこの批評も「番組見たことあるの?」みたいな批判をしているので、この内容について軽く批判でもしようじゃないかというあれ。

<ルール>
・写真に映っている記事は2016年秋~2017年秋の間に書かれたものとする。(「フルタチさん」が放送されていたのはこの時期であることから)
・2019年5月12日時点で既に終了している番組についてはノーコメント(この記事が書かれたであろう2016年秋~2017年秋の間から今日まで生き残ることができなかった番組なので)
・全国ネットでない番組(鹿児島県、福岡県、佐賀県で放送されていない番組)はノーコメント(全国ネットに至らない番組なので)
・私が見たことがない番組、または私の住んでいる地域でのネットが打ち切られた番組はノーコメント(知らないのに批評するのはその番組に対してシツレイなので)
・なお、ヤラセ騒動などについては極力触れない形で評価。

先にまとめを書いておくと、こんな週刊誌とかこの記事なんか当てにしないで「自分で実際に見て、自分の意見を持つ」ことが高偏差値のすることだと思います。
(それにこんな記事には載らないようなクソ番組なんかいっぱいあるからネ!)

“偏差値40向けTV番組批評を批評する” の続きを読む

モカ「”テレQ”はダサい!」

DTV担当の山奈MIRです。
4月1日も終わり、4月2日となったわけですが、TVQのロゴが「テレQ」から「TVQ」に戻りません。エイプリルフールは遅くても23:59までですよ…?

そんな届かぬ思いはさておき、2019年4月1日2時37分27秒を持ってTVQ九州放送の「TVQ」ウォーターマークの使用が終了し、2019年4月1日2時37分30秒から世間からダサいとの批判続出の「テレQ」ウォーターマークの使用が開始されました。
実は当日日曜日の夜特有のメンヘラ化で夜に眠れなくなる病をこじらせてしまいリアルタイムで眺めていたところ、至って普通のカラーバー表示をしながら1秒間ウォーターマークを消して、次の瞬間には何事もなかったのようにクソダサウォーターマークに変化していました。
THEアハ体験。
以下は録画から。
TVQ九州放送 ウォーターマークが消えた瞬間

TVQ九州放送 くっっっっっそだせえロゴ

テレビ東京系列ではテレビ東京(マイナーチェンジのみ)、[10]テレビ愛知に続き3局目のウォーターマーク変更になります。
すまねぇな…俺がTVQを「テレキューと呼ばないと福岡県民に殺される」なんて言ったばかりに「テレキュー」読みを推されちまうとは思ってなかったよ…

なんか大型特番沙汰になるといつも録画予約を入れる録画沼

録画沼担当の山奈MIRです。

日付変わって4月1日ですが、本日のAM11:30ごろに新しい元号に関する特番編成が待ち受けています。
そうすると録画沼界隈は必ず録画するんですよね。
上級者はNHKとテレビ東京も含めた6局体制で録画するそうで…うちはチューナーが足りない(あと空き容量も)

それからローカルな話ではございますが、福岡県のテレビ東京系列であるTVQ九州放送が本日から新しいロゴマークに変わるとのこと。
私としては「”テレQ”はダサい!w」と思うのですが…水印取り直しコースもなんか面倒。

からかい上手の高木さんのOVAがRSKテレビで放送されたので録画しに行った

RSK山陽放送にて、2018年12月24日26:12~26:42に「からかい上手の高木さん OVA」が放送されるそうなので、
とりあえず岡山県まで行って録画してきました。

山奈「(移動費で)万単位で金が飛んでく」
高木さん(?)「私を撮るために万単位でお金を使う西片…かわいい」

ちなみにDropしました。

録画場所
・岡山県倉敷市 倉敷駅北口2階デッキ
装備
・チューナー PLEX PX-S1UD v2.0
・アンテナ PLEX PX-S1UD付属 簡易アンテナ
※アンテナはデッキのフェンスにマグネットで固定
状況
中継局:岡山局
受信強度:およそ40.0dB(PX-S1UD)

続きにログ置いときます
“からかい上手の高木さんのOVAがRSKテレビで放送されたので録画しに行った” の続きを読む

W3PE4 v2.0+UAH261+U43Aでテレ西(物理18Ch)復調できました

※訂正(18/10/31):W3PE4のバージョンはv1.4ではなくv2.0でした。

配線いじってたらできた。

なお視聴は不可能な模様。

PX-W3PE4 v2.0(に限らずPLEXチューナー)は簡易ブースターが内蔵されてるらしく、入力レベルが高いと逆にDropしてしまうので、
1.分配器で無理やり減衰
2.ブースターで入力レベル調整
3.アッテネーターで減衰
などをして30.80を下回るよう調整してあげるといい…のかも。

今回のテレ西は「アンテナ→ブースター→ブースター電源→分配器→W3PE4」になるよう配線を編集した結果、
減衰しつつもW3PE4内蔵ブースターが受信直前で増幅したため起こったのではないかと予想。

前日の予想が的中しましたね。

「地上波Dropは雑魚www」でおなじみの鹿児島鯖も次回帰省時に調節してみたいですね。

「W3PE4が福岡にも鹿児島にもある経緯をまだ聞いてないぞ」というツッコミは…やめようね!(下書きのまま放置してる)

低スペック録画鯖でSpinelを使ってはいけない理由

処理能力の低い録画サーバー機でSpinelを使うのは非常によろしくありません。
私はこれでtsを30個以上Dropさせました。

プロキシなアプリケーションとTCPを経由して録画ソフトにパケットを送るよりも、直接BonDriverから録画ソフトにパケットを送るほうが処理が早いのは単純に考えても当たり前のことです。
それを処理能力が低いPCにさせると処理落ちしてDropします。

さらに気温がとんでもないことになる夏。熱暴走が起きやすいとますますDropしてしまいますよ。
※ビジネス向けスリムPCは熱処理能力が低いことが多いので、小型ファンを増設してチューナーに直接風を当てるのもありかも。

特にオチはありませんが、Drop対策の1つということで。