LIVEDAM HDMI録画の機器を減らせた

先週HDMI録画を成功させたものの、音声だけはどうしてもGV-USBに頼っていました。
そのため無駄に機器が1個とケーブルが1本増えてしまっていました。

さすがにキャプチャ機器を2基つけているのはアレなので、AVT-C878に統一するためにいろいろ考えた結果、
そういえばステレオミニプラグの入力端子があったということを思い出しまして。

※写真が1枚(しかも過去に別目的で撮影したもの)だけです…今度撮ります…

用意したもの

・ステレオミニプラグで入力できるHDMIキャプチャ機器一式(前回の記事参照。この記事ではAVT-C878前提です。)
・ステレオミニプラグケーブル(オス-オス)

手順

1 HDMI映像が流れる段階までつなぐ

がんばりましょう。

2 DAMのアンプにステレオミニプラグのケーブルをつなぐ

疑似ライン録音と同じ原理です。
この写真の下にあるやつ。(過去に撮影した画像が無くなったのでこれで…)
DAMアンプ

必ず繋ぐ前にDAMアンプのヘッドホン出力音声の音量つまみを最小にしましょう。

3 AVT-C878にケーブルをつなぐ

ケーブルをAVT-C878のゲーム側音声につなぎます。

4 出力音量を調整する

DAMアンプのヘッドホン出力音量を調整します。録画ソフトを見ながら調節します。
いい感じに調節できたら終わりです。

感想

これでGV-USBを持っていかなくても問題なくなりました。
それから白赤端子の出力とは違い、音量が調節できるという強みがありますよ。(調整したらOBS Studo側のゲイン調整も必要なかった)

LIVEDAM STADIUM(XG7000系) キャプチャ録画手順(HDMI版)

AVT-C878を入手したので、LIVEDAM STADIUMのHDMI録画に挑戦してみました。
ただし、現状の方法ではコンポジット録画より機材が多くなっています…少なくしたい…!

HDMIでキャプチャ録画した精密採点DX-Gリザルト
↑画像クリックで原寸大表示

※この記事はHDMIを使った録画方法です。コンポジット端子で録画する方法は前回の記事をお読みください。
LIVEDAM(XG5000系)のキャプチャ録画手順
LIVEDAM STADIUM(XG7000系)キャプチャ録画できました

“LIVEDAM STADIUM(XG7000系) キャプチャ録画手順(HDMI版)” の続きを読む

LIVEDAM STADIUM(XG7000系)キャプチャ録画できました

先日やったばかりのLIVEDAMキャプチャ録画ですが、LIVEDAM STADIUMでも録画ができたことを報告させていただきます。

キャプチャ録画した精密採点DX-Gリザルト

必要なもの、録画の手順については前回の記事を見てください。

※注意:こちらは「コンポジット端子(赤/白/黄)」を使った録画方法になります。HDMI等での高画質キャプチャはこちら
“LIVEDAM STADIUM(XG7000系)キャプチャ録画できました” の続きを読む

LIVE DAM STADIUMでライン録音する手順

注意:この記事は2017年12月15日に書かれたものをGoogleキャッシュからサルベージして、一部内容を修正したものです。内容は古くなっている可能性があります。
初出:2017年1月13日「LIVE DAM STUDIUMでライン録音する手順」
再公開:2018年8月21日 0:19「LIVE DAM STADIUMでライン録音する手順」


LIVE DAMの音声を録音したい人向け。
この記事では、本体を色々弄るような手順ではなく、アンプのヘッドホン出力を利用することで、手軽にかつ簡単に録音をする手順を紹介しています。

“LIVE DAM STADIUMでライン録音する手順” の続きを読む